トップ  >  助成金サポート  >  特定認定実習併用職業訓練コース

助成金サポート

特定認定実習併用職業訓練コース

コース概要

支給条件(この助成金を申請できる企業)

  • 企業規模:中小企業、大企業
  • 訓練対象者:新たに雇用する者を対象(15~40歳未満)
  • 基本要件1:訓練期間が6ヶ月以上2年以下(OFFJT+OJT)
  • 基本要件2:OFFJTの割合が2~8割以下であること
  • 基本要件3:総訓練時間が850時間以上/年であること
  • 助成額:上限1000万円/事業所
注意事項 労働保険の適用事業所であること。労働保険料の滞納がないこと。

試算一例

A社(中小企業)は今年5名の新人を採用しました。
「キャリア形成促進助成金:特定認定実習併用職業訓練コース」を利用して教育を考えています。

試算の条件
期間/時間 2ヵ月半(47日間)/376時間 5ヵ月(85日間)/680時間
受講料 486,000円(税込) -
人数 5名 5名
※「経験者向け Java&PostgreSQL総合研修 Bコース」を受講した算出になります。
助成金額の計算
賃金助成 800円(時給) * 344時間 * 5人 1,376,000円(*1)
経費助成額(OFFJT) 324,000円 * 5人 1,620,000円(*2)
賃金助成額(OJT) 700円(時給) * 680時間 * 5人 2,380,000円
合計 5,376,000円
※1 授業時間は376時間ですが、4日間(32時間)はヒューマン系の研修の為、除外になります。
※2 受講料の助成限度額は1人あたり50万円。 受講料の2/3と限度額を比較して少ない方が適用されます。
※詳しくは厚生労働省の「キャリア形成促進助成金」をご確認ください。
5人を2ヵ月半の外部教育と約5ヵ月間のOJTを実施した場合
約5,376,000円(1,075,200円/人)の助成金が支給されます。